AWSのコストを削減する9の方法 第二回
BRANK

みなさん、こんにちは。アマゾン ウェブ サービス ジャパン シニアエバンジェリストの亀田です。 前回こちらのブログ記事でAWSのコストを削減する方法をお届けしました。今回は第2回としてその4からその6までをお届けします。 #1 未使用状態のAmazon EC2やAmazon RDS インスタンスへの支払いを止める #2 未使用状態の Amazon Redshift クラスターへの支払いを止める #3 Amazon S3 Intelligent-Tieringを有効にする #4 Amazon DynamoDB にはオンデマンドのキャパシティーモードを利用する #5 十分に活用されていないEC2 インスタンスへの支払いを止める #6 十分に活用されていないネットワークリソースを削除する #7 EC2 スポットインスタンス を利用する #8 Compute Savings Plans を利用する #9 リザーブドインスタンスを利用する #4 Amazon DynamoDB には オンデマンドのキャパシティーモードを使う DynamoDBのキャパシティーモードが「プロビジョンド」であり、アプリケーショントラフィックの予測と制御が困難な場合や、ワークロードが短時間に急増したりテーブルの平均使用率がピークをかなり下回っている場合においては、使用していないキャパシティーに対し…

aws.amazon.com
Related Topics: Amazon Web Services
1 comments
  • おすすめ👍: "AWSのコストを削減する9の方法 第二回"