金属3Dプリンターがステルス戦闘機のメンテナンス事情を劇的に改善している
ARANK

ロッキード・マーティンが生んだ第5世代のステルスジェット戦闘機「F-22 ラプター」はアメリカ空軍の主力戦闘機の1つです。しかし、2011年には生産を終了してしまったため、整備で交換する部品の調達が難しくなっています。そのため、アメリカ空軍は「戦闘機の部品を金属3Dプリンターで出力して調達する」という計画を試験的に導入しています。

gigazine.net
Related Topics: 3D Printer
TechFeedをアプリで
チェックしよう
インストール インストール close