Big Switchが「オフィス」に進出――ユニアデックスとキャンパス向けSDN製品
DRANK

データセンター向けSDN製品で実績を積み重ねてきたBig Switch Networksがオフィス市場に進出する。“相棒”となるのは、以前からBig Switch製品を取り扱ってきたユニアデックスだ。「BigCloud Fabric for CampusCore」を11月から提供開始している。同製品は、データセンター向けSDN製品の「BigCloud Fabric」(以下、BCF)のキャンパスネットワーク版だ。機能の一部を省略することで、オフィスでも採用しやすい価格を実現しているという。データセンターに特化してきたBigSwitchが、BCF for Campus Coreの発売を決めたのは、ユニアデックスからの申し出がきっかけだった。「5月に米国本社へユニアデックスのエグゼクティブの方々に訪問いただいた際、BCFをキャンパス向けにも売りたいという申し入れがあった」とBigSwitchの糸井恭太氏は振り返る。「国内で初めて、BCFをあるデータセンターに導入して以来、これ以上ない出来栄えのSDN製品と評価してきた。ただ、日本市場を見ると、データセンターよりもキャンパスのお客様のほうが多い。実際、キャンパス向けに導入したこともあり、かなりのビジネスになると考えた」とユニアデックスの上水公洋氏は狙いを説明する。(左から…

businessnetwork.jp
Related Topics: SDN
TechFeedをアプリで
チェックしよう
インストール インストール close